“しあい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
仕合71.4%
為合14.3%
試合14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人ふたりは、みちうえで、竹刀しないりまわしながら、仕合しあいのまねごとをはじめたのです。
はととりんご (新字新仮名) / 小川未明(著)
正二しょうじは、今度こんど仕合しあいをしても、自分じぶんは、じゅうぶんてる、といわぬばかりの調子ちょうしでありました。
はととりんご (新字新仮名) / 小川未明(著)
それにはじまって、両派りょうは射術しゃじゅつくらべが、うなりいさましく、試合しあい口火くちびをきった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いや、ところが群集ぐんしゅうは一せつなに、試合しあい結果けっかをその脳裡のうりからッぽりわすれて、
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)