“ごじょうか”の漢字の書き方と例文
語句割合
御城下100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東京はその地勢からいうと、木がすくなくかやあしが周囲に多く、自然にまかせて置けば草屋根の大きなものが、幾らでも立ちつづくべき御城下ごじょうかであった。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
芸州げいしゅう広島ひろしま御城下ごじょうかでございます。」
古千屋 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)