“ころもがえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
更衣75.0%
衣更25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春着を脱いで夏の薄物にかえる更衣ころもがえころは、新緑初夏の候であって、ロマンチックな旅情をそそる季節である。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
同じく衣を改めることを詠じながら、夏の更衣ころもがえと全然別の趣を捉えているのをとしなければならぬ。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
落葉木らくようぼくは若葉から漸次青葉になり、すぎまつかしなどの常緑木が古葉をおとし落して最後の衣更ころもがえをする。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
でも衣更ころもがえの晴着ぐらいは、買ってやれるとそう思った。
一枚絵の女 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)