“こじつけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
附会60.0%
牽強40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
例の涜職とくしよく議員の公判記録を読んでみると、ある議員などは、自分で自分の附会こじつけた議論に感心して、洋服を盗んだ黒人くろんぼのやうに、涜職事件を、結局つまりは政事家らしい行動とでも思つてゐるらしく見られる。
しかし王荊公が波はすなわち水の皮と牽強こじつけた時、東坡がしからば滑とは水の骨でござるかとり込めた例もあれば、字説つねたやすく信ずべきにあらずだ。
支那に至っては、上古より竜蛇の区別まずは最も劃然かくぜんたり。後世日本同様異常の蛇を竜とせる記事多きも、それは古伝の竜らしき物実在せぬよりの牽強こじつけだ。