“くすぐ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
99.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
内部は、湿っぽい密閉された特有の闇で、そこからは、濁りきっていて妙に埃っぽい、咽喉るような空気が流れ出てくるのだ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
揶揄一番した。ナカ/\が悪い。態〻二流会社を志望する僕達は決して優秀でないから、ったいような心持で顔を見合せた。
恩師 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)