“きやううんだう”の漢字の書き方と例文
語句割合
杏雲堂100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さればこそたびたるはかれたるはやましく駿河臺杏雲堂其頃腦病患者かりしことつに此娘原因とは商人のする掛直なるべけれど其美はれず
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)