“きふへん”の漢字の書き方と例文
語句割合
急變100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
らぬではない、けれど容易ならざる急變塲合である、一遲速彼方難破船のためには生死堺界かもれぬ、ふるに本船右舷當番水夫あれども眼無きが