“おつしやる”の漢字の書き方と例文
語句割合
被仰100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『まあ!』と心から驚いた樣な聲を出して、智惠子は涼しい眼をみはつた。『其麽事そんなこと被仰おつしやるるもんぢやないわ。』
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)