“おたまじゃくし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御玉杓子40.0%
蝌蚪40.0%
蝌斗20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一坪に足らぬ腐れた水でも御玉杓子おたまじゃくしのうじょうじょく所は怖しい。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
蠢々しゅんしゅんとして御玉杓子おたまじゃくしのごとく動いていたものは突然とこの底のないあなのうちに落ちて、浮世の表面からやみうちに消えてしまった。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
処々に、まだこんなに、蝌蚪おたまじゃくしがと思うのは、みんな、ほぐれた女のかみのけで。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
田の水の浅いところに、蝌蚪おたまじゃくしが沢山かたまっている。あのやがて消え去るべき短い尾を動かすたびに、田の水にささやかな濁りが立つ。大まかなようで繊細な趣を捉えたものである。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
蝌斗おたまじゃくしが畑の中を泳ぎ廻ったりした。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)