“えんばん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
円板33.3%
円盤33.3%
烟帆16.7%
鉛板16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ほら、分ったでしょう。銀河は星が円板のように集っているものです。それから、みなさんにとってなつかしい太陽系は、銀河のずっと端に近いところにあるのが見えるでしょう」
ふしぎ国探検 (新字新仮名) / 海野十三(著)
帽子がどこかに見えなくならないにと思って、てて僕も格子戸のあきまからけ出しました。見ると帽子は投げられた円盤のように二、三先きをくるくるとまわってきます。
僕の帽子のお話 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
い棄てつ、おもむろに歩を移して浜辺に到れば、一碧千里烟帆山に映じて縹渺のごとし。
金時計 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あのX光線でさえ一ミリの鉛板きかねるのに、人造宇宙線は三十センチの鉛板も楽に貫く。だから鉄のやコンクリートの厚い壁を貫くことなんか何でもない。
(新字新仮名) / 海野十三(著)