“うはなりねた”の漢字の書き方と例文
語句割合
嫉妬100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その大后の日賣の命、いたく嫉妬みしたまひき。かれ天皇の使はせるたちは、宮の中をもえかず、言立てば、足も足掻かに妬みたまひき。
またその神の嫡后須勢理毘賣の命、いたく嫉妬二〇したまひき。