“いえども”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蕃山ほどの大事業ある人にして此言始めて可味あじわうべくなるべしといえども、即これ先日申上候道の論を一言にて申候者と存候。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
わたくしは炎暑の時節いかにかっする時といえども、氷を入れた淡水の外冷いものは一切口にしない。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)