“ありがと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
難有71.2%
有難27.9%
多謝1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
難有うございますと御礼はいったけれども、実によくわからないので、戸棚へつッこんでおくうちに、震災でみんな焼いてしまいました。
久保田米斎君の思い出 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
うンや、こう、お友達、お有難うよ。にすっかり棚おろしをされちまっちゃ、江戸中は構わねえが、こちら様ばかしゃ、が出せねえ、やい。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「エ多謝う、だがもうにしましょう」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)