“あおやぎ”の漢字の書き方と例文
語句割合
青柳100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今更いうも愚痴なれど……ほんに思えば……岸より青柳の……と思出の、ところどころを長吉は格子戸を開ける時まで繰返し繰返し歩いた。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
京の先斗町をでも思い出させるような静かな新地には、青柳に雨が煙ってに金網造りの行燈され、入口に青い暖簾のかかった、薄暗い家のなかからは
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
常陸青柳という村の近くには、泉のというお社があって、そこの清水も人馬の足音を聞けば、湧き返ること煮え湯のようであるといい、それで活き水と呼び
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)