“黙笑:もくしょう” の例文
“黙笑:もくしょう”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治2
“黙笑:もくしょう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そこで、もうろうたる人影は、ニヤリと黙笑もくしょうの歯を見せたようです。床の間に腰をおろして、暗やみの中でも視覚のくらしいまなこ
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
けれど、かれは黙笑もくしょうしている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)