“黒姫山”の読み方と例文
読み方割合
くろひめやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
北国街道から西に入った黒姫山の裾野の中、雑木は時しもの新緑に、過ぎの強烈な日の光を避けて、四辺は薄暗くなっていた。
怪異黒姫おろし (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
妙高山・焼山・黒姫山皆高嶺にて、信州の飯綱戸隠、越中の立山まで、万山重なりて其境幽凄なり。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
温泉に浴して汗を流し、鯉汁のお代りをして飯八椀を平らぐ。翌朝まで何事も知らずに眠る。次の日は千曲川の船橋を渡り、妙高山黒姫山の麓を迂回して越後国高田にづ。