“黄頷蛇”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あおだいしょう50.0%
あおだいしよう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“黄頷蛇”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.4%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
十六年ほど前、和歌山なる舎弟方の倉に、大きな黄頷蛇あおだいしょうの尾端く切れて、そのあと硬化せるを見出したが、ざっとこの図に似いた。
——釣鐘草の咲く時分に、振袖の蛇体じやたいならいとして、黄頷蛇あおだいしようが、によろによろ、などは肝をひやすと何だか手をつけかねた覚えがある。
玉川の草 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)