“麻紐”の読み方と例文
読み方割合
あさひも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼の歩いていく後から見ると、いつの間にか麻紐で輪をこしらえて、かくし持っている。
火薬船 (新字新仮名) / 海野十三(著)
三郎兵衞は、腰をさぐつて、帶にんだ木の札を拔きました。三センチ幅に、長さはその二倍半もある、頑丈な杉の札で、札の先には、麻紐で大きい聖天堂の海老錠の鍵が結んであるのです。
「だが、さうなつたら、俺等はどういふ事になるんだ?」と、最初皺嗄声の男と話し合つてゐた中央の男が、麻紐で腰へ下げてある竹ののやうにへばり着いてゐる鍬の土を払ひ落しながら
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)