“麪”の読み方と例文
読み方割合
めん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大異の体はまた石床の上へ引擦り倒されて、縮めるように頭と足を捺されたり、またをこしらえるようにまれたりした。
太虚司法伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
マケロニ(類の名)つけたる大いなる玩具の柄つきの鈴をとして持たせたり。
乏しきを老いて豊けき大人見ればけ風呂焚け造酒よとよと
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)