“麦僊”の読み方と例文
読み方割合
ばくせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帝展以外の方面もひっくるめてやっと思い出しのが龍子の「二荒山の絵巻」、誰かの「竹取物語」、百穂の二、三の作、麦僊の「湯女」などがある。
帝展を見ざるの記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
しかし又ルドンの「若き仏陀」(土田麦僊氏所蔵?)に「西洋の呼び声」を感じてゐる。この「西洋の呼び声」もやはり僕を動かさずにはかない。
関雪と麦僊3・23(夕)