“鶴屋南北”の読み方と例文
読み方割合
つるやなんぼく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かの鶴屋南北の作で、明治以来上場されたことがないという「敵討合法衢」を、駒之助の合法、九蔵の前田大学と立場太平次で見せられた。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
やはり鶴屋南北以来の焼酎火がするようだったら、それは事件そのものに嘘があるせいと云うよりは、むしろ私の申し上げ方が、ポオやホフマンのすほど
妖婆 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
かつて明治座の役者たちと共に、電車通の心行寺鶴屋南北の墓をったことや、そこから程遠からぬ油堀の下流に、三角屋敷のを尋ね歩いたことも、思えば十余年のむかしとなった。
深川の散歩 (新字新仮名) / 永井荷風(著)