“魔火”の読み方と例文
読み方割合
まび100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それが、たった一日でこのありさま。おもえば明智光秀あけちみつひでという野郎やろうも、えらい魔火まびをだしやあがったものだなア……
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「怪し火……ふウン、まア魔火まびでございますな」
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)