“駈歩”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かけあし66.7%
かけある33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“駈歩”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教20.0%
文学 > 日本文学 > 戯曲1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
誠に上古のギリシャ人は殆んど素足に近き恰好で、獣類の速歩はやあし、普通駈歩かけあし伸暢駈歩ギャロップと同じ体形で体を動かしていた。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
星野少尉 さ、合図をしてる。行かう。足音を立てないやうに、駈歩かけあし
嶮岨けんそに馴れたる彼は、飛ぶが如くに駈歩かけあるいて、一旦はふもとまで降ったが又思い直して引返ひっかえした。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
それが今この場合に雪中を跣足はだし駈歩かけあるくのは、何か仔細があるらしくも思われるので、巡査も職掌柄、すぐその跡を追って行った。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)