“風骨”の読み方と例文
読み方割合
ふうこつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あばた顔の大亀が、この仲間では、年かさで、体つきも頑丈だが、小柄ながら阿能十には、武家息子らしい風骨敏捷さがある。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
岩石か何か超時間的な存在を見るような、一種グロテスクな、それでいて涼しい風骨が漂っている。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
……かなわざるまでも定家の風骨をうらやみ学ぶべしと存じ侍るなり
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)