“風祭”の読み方と例文
読み方割合
かざまつり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春の雹祭、秋の風祭は毎年の例である。彼が村の人になって六年間に、此八幡で秋祭りに夜芝居が一度、昼神楽が一度あった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
(中略。)暮合福住を出で、風祭より松明にて(道を照し、)小田原大清水家に投宿す。元小清水泊の所、指合にて、隣家にて食事を辨じ、一宿す。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
築地の稲葉家の屋敷の咳の爺婆は、以前は小田原から箱根へ行く路の、風祭というところの路傍にあったのを、江戸へ持って来たものだということであります。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)