“鞍尻”の読み方と例文
読み方割合
くらじり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
赤兎馬は、口をあいて馳け向ってきた。韓福は怖れをなして、にわかに門のうちへ駒をひるがえそうとしたがその鞍尻へ、赤兎馬が噛みつくように重なった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わけをって、通してもらい、そのうえ一頭の馬を借りて母を乗せて、自分もその鞍尻がった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「また、鞍尻がお痛くなって来ましたか」
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)