“青赤”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あおあか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“青赤”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
つづいて——青赤あおあかてんの灯が、たがいちがいに手ばやくやみに文字をえがくがごとくうごいたが、それは軍学ぐんがくに心あるものでも、めったに意味いみくものは少ない、勘助流かんすけりゅう火合図ひあいず信号しんごうにそういない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)