“隠袖”の読み方と例文
読み方割合
かくし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
記者は玉子色の外套の隠袖へ両手を入れたまま、反返って笑った。やがて、すこしれて、前曲みに西の方をくようにしながら
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
学士は洋服の隠袖から反射機を取出して、それでお房の目を照らして見た。何を見るともなしにその目はグルグル廻って、そして血走った苦痛の色を帯びていた。
芽生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
岸本は自分の隠袖の中から巻煙草の袋を取出し、それを側に居る五六人の兵卒にすすめて見た。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)