“阿諛追従”の読み方と例文
読み方割合
あゆついしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なお、その老人に茶坊主の如く阿諛追従して、まったく左様でゴゼエマス、大衆小説みたいですね、と言っている卑しくせた俗物作家、これは論外。
如是我聞 (新字新仮名) / 太宰治(著)
主人自身もだが、またその主人の意を迎えて、阿諛追従の見本を示す客もあるのは、なお困ったことである。
庶民の食物 (新字新仮名) / 小泉信三(著)
と、わめきながら、軒下に捨ててあったかごを拾って、いのちからがら逃げ去ったのを見ると、急に、阿諛追従のわらいで、薄気味わるく、歯の抜けた口ばたをゆがめるのだった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)