“関山”の読み方と例文
旧字:關山
読み方割合
せきやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの死骸の男には、確かに昨日って居ります。昨日の、——さあ、午頃でございましょう。場所は関山から山科へ、参ろうと云う途中でございます。
藪の中 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
源教いふやう、そはいとやすき事也、されどこゝにはべき物ももたざれば、あすの夜わがすむ関山の庵へきたり候へ、望をはたし申さんといひければ
真木島の十郎と、高市多襄丸と、——ああ、そうだ。関山平六へは、お前さんに、言づけを頼もうかね。」
偸盗 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)