“身火”の読み方と例文
読み方割合
しんか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お貞はかの女が時々神経に異変をきたして、かしらあたかもるるがごとく、足はわななき、手はふるえ、満面あおくなりながら、身火しんか烈々身体からだを焼きて
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)