“賄所”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まかないじょ75.0%
まかないしょ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“賄所”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
小砂利を掃くお六尺も、お賄所まかないじょの門をくぐる出入商人でいりあきゅうども、すべて、新しい法被はっぴを着ていた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大台所は、かみしもの武士と、のりの硬い法被を着た小者たちで、戦場のように、庖丁ほうちょうが光った。賄所まかないじょの裏門からは、何度となく、馬が駈け、馬が帰ってくる。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その中を踏み散らして広い運動場を一回りするうちに、赤い日影が時計台を染めて賄所まかないしょの井戸が威勢よくきしり始めるのであった。
花物語 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)