“賄料”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まかないりょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“賄料”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
が他ならぬお通の方の姉でもあり、京都の生家へ対する義理もあるので、それとなく、表役人に云い含ませ、隅田川のお船見屋敷を住居すまいに与えて、年千余石の賄料まかないりょうさえつけてくれた。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)