“要諫:ようかん” の例文
“要諫:ようかん”を含む作品の著者(上位)作品数
徳富蘇峰1
“要諫:ようかん”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一、要諫ようかん一条に付き、事遂げざるときは鯖江侯と刺違さしちがえて死し、警衛の者要蔽する時は打払うべきとの事、実に吾がいわざる所なり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
これより先九月五日、十月五日両度の吟味に吟味役までつぶさに申立てたるに、死を決して要諫ようかんす、必ずしも刺違え、切払い等の策あるにあらず。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)