“被服廠跡”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひふくしょうあと66.7%
ひふくしようあと33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“被服廠跡”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
被服廠跡ひふくしょうあとでも、今度は一箇所ですんだが、この次には、これが何箇所にもなるだろう。
鑢屑 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
昨年九月一日被服廠跡ひふくしょうあとで起った火焔の渦巻を支配したと同じ方則がここにも支配しているのだろうと思って、一生懸命に眺めていたが、この模糊もことした煙の中から、そう手取早く要領を得た方則を読取る事は容易な仕事ではないのであった。
雑記(Ⅱ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
本所ほんじよ被服廠跡ひふくしようあとおいて、旋風せんぷうのために
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)