“薪山”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まきやま75.0%
たきぎやま25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“薪山”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 社会・家庭生活の習俗6.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
薪山まきやまからりだした松薪まつまきの山を崩して、それをつかむと、火口ひぐちきっと覗いた若者。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
千駄木のほうもその通りで、もとは一軒の家ですら、年に三駄五駄の木をいていたのだから、薪山まきやまとしてはむしろちっぽけなものであった。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
と、薪山たきぎやま以来、恩義に思っている商人たちは、さかなの仕度も、買物も、何もかも小まめに働いて尽してくれた。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)