興冷きようさ)” の例文
く楽まされし貫一も、これが為に興冷めて、に重きを花の前に支へつつ、又かのを徐々に喚起さんと為つ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)