“きようさ”の漢字の書き方と例文
語句割合
興冷100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
く楽まされし貫一も、これが為に興冷めて、に重きを花の前に支へつつ、又かのを徐々に喚起さんと為つ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)