“群衆:ひとごみ” の例文
“群衆:ひとごみ”を含む作品の著者(上位)作品数
薄田泣菫2
“群衆:ひとごみ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そしてセルロイド製のやうな禿頭をふりふり群衆ひとごみに紛れ込んだ。
そして、睡不足ねぶそくらしい充血した眼をくしやくしやさせて群衆ひとごみのなかに衝立つゝたつてゐる所は、誰が見ても物価騰貴の今日この頃、何をさしいても増給の必要がありさうな男に思はれた。