“総落”の読み方と例文
読み方割合
そうおと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長火鉢と云うと如輪木か、総落しで、洗髪の姉御が立膝で、長煙管黒柿へ叩きつける様を想見する諸君もないとも限らないが、わが苦沙弥先生の長火鉢に至っては決して
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)