“綱次”の読み方と例文
読み方割合
つなじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは、この柏屋さんの、小芳と云うものの妹分で、綱次と聞えた流行妓である。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
柳橋の小芳さんだ。柏屋綱次と云う美しいのが、忽然としてれらあ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)