“絵紙鳶”の読み方と例文
読み方割合
えだこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
を立てて恋をするのは、火事頭巾って、甘酒を飲むようなものである。調子がわるい。恋はすべてをかす。角張った絵紙鳶飴細工であるからは必ず流れ出す。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)