“紙鳶堂”の読み方と例文
読み方割合
しえんどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
洋風の壁へかかっているのは、純日本風の扁額であった。墨痕淋漓匂うばかりに「紙鳶堂」と三字書かれてあった。
柳営秘録かつえ蔵 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
だが今じゃア形学者だ! 紙鳶堂主人平賀源内これが俺らのお師匠さんだ。手前なんかにゃア解るめえが、形学と云うなア形而学問だ! 一名科学って云うやつだ。
柳営秘録かつえ蔵 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)