“経雅”の読み方と例文
読み方割合
つねまさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「松虫のと、鈴虫の局のお二人は、何地へ落とした。それをいえ」安楽房が、それについては、一言も吐かないので、経雅
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
血を吐かないばかりに、彼の声は、慚愧哀涙と熱烈な真心をつくしてるのであった。——だが経雅は、彼のいうところなどは聞こうともしないのである。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)