“経昇”の読み方と例文
読み方割合
へのぼ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藤吉郎こそ稀世の傑物、関白までも経昇る男、二重瞳孔に不思議はない! しかるにの才能は藤吉郎のもなくて、しかも悪虐の性質は彼に百倍勝っている。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)