“組與力”の読み方と例文
読み方割合
くみよりき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れて追行折柄火附盜賊改めの組與力笠原粂之進と云者手先兩人を引連て今此所を通り掛りけるが文右衞門拔身を振て久兵衞を追駈行を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
組與力十左衞門片岡逸平の兩人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
頼みけるに早速き口ありて麻布我善坊谷火附盜賊改組與力笠原粂之進と云ふ方へ中働きに住込ける是にてお梅の給金三兩の取替二兩り内金一兩二分はお梅素より何一ツなければ夜具其外支度に掛殘りの二分は質物に入れたる夜具蒲團を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)