“細玉”の読み方と例文
読み方割合
さいぎよく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さてまたその滝にもしたゝる水氷柱となり、玉簾の内に滝をおとすありさま四辺乱瓊細玉の雪中也、かの玉を出といふ崑山もかくやとおもはる。かゝる奇景猟師樵夫のほか見る人也。