“紫空”の読み方と例文
読み方割合
むらさきぞら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嫁入行列は、沈々黙々として黒い人影は菜の花の中を、物の半町も進んだい、今まで晴れていた四月の紫空かに曇って、日がかに射していながら絹糸のな細い雨が
菜の花物語 (新字新仮名) / 児玉花外(著)