“紅端緒”の読み方と例文
読み方割合
べにはなお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
通り雨は一通りったが、土は濡れて、冷くて、翡翠の影が駒下駄をってまた映る……片褄端折に、乾物屋の軒を伝って、紅端緒の草履ではないが、ついと楽屋口へ行く
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)