“紅牙”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうげ50.0%
コウガ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“紅牙”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
をとめ子の紅牙こうげの尺は花鳥はなとりの目もあてにしてをさなかりけり
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
紅牙コウガ催拍サイハクシテ燕ノ飛ブコトセワ
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)